• ホーム
  • ブログ
  • ビットクラブで扱っているビットコイン。仮想通貨は他に何がある?

ブログ

2017.05.31

ビットクラブで扱っているビットコイン。仮想通貨は他に何がある?

【インターネットでよくあるタイプ】
仮想通貨と言えば電子マネーを思い浮かべる方も多いかと思いますが、インターネットの世界には多種多様な仮想通貨が存在しています。
インターネットでの一般的な仮想通貨としては、ある特定のサービスでのポイントという形がよく見られ、クレジットカードや電子マネーなどを使ってこのポイントを購入することができるというものです。
購入したポイントはどう利用されるのかというと、そのサービスで提供されている何らかの電子的なデータと交換されることになります。
【仮想通貨ごとに性質が異なる】
こうしたタイプの仮想通貨がよく用いられているコンテンツとしては、有料のオンラインゲームがあり、そしてそうしたオンラインゲームごとに仮想通貨が存在していることになります。
電子マネーといまひとつ区別がつきにくい部分もありますが、その最大の違いとしては非可逆であり、つまりは一度ポイントとして購入した場合、そのポイントを現金化することができません。
しかし例外も存在しており、その一つがオンラインギャンブルで、こちらはオンラインギャンブル内で使用できる仮想通貨を購入できるという点は変わりないものの、各種ギャンブルを通じて得られるのもその仮想通貨となっていますので払い戻しとして現金化が可能となっています。
【ビットコインが注目されビットクラブの動きも盛んに】
仮想通貨の中でも有名なのはビットコインです。ビットコインは主に資産運用に使われてきていましたが、最近は日本でも支払い時に使えるお店が増えてきています。そのことをうけて、ビットクラブなどビットコインを扱う組織の動きが活発になってきています。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

会社名を入力します。

テキストが入ります。

ページの先頭へ