ブログ

ブログ一覧

2018.02.21

ビットコインのマイニングという行為としては

ビットコインを入手する方法というのは実は3つあります。一つは買うことです。売買ができるようになっています。ですから、取引所などで買えます。当然、ほぼ個人間取引になります。もう一つが貰うということです。売買ができるわけですから、貰うことができるわけです。これは無償で、ということではなく、要するに決済手段としても有効的である、という部分にも繋がっています。もちろん、単純に贈り物として渡すこともできるようになっています。そして仮想通貨、この場合はビットコインなのですが採掘、マイニングという方法で得ることもできます。これはビットコインの性質上、新しく生み出すことに演算が必要になるのですが、その演算に自分のコンピュータを参加させることによって、その貢献度に合わせてもらうことができるようになります。こうすることによって、もらえることができる、というのがビットコインの特徴になっています。マイニングは特定のソフトウェアを入れることによってどんなコンピュータでもオンラインであれば可能になっています。電気代がかかるので日本では最早、ペイするような得かたではないのですがやり方としてはまだ存在しているわけです。

2017.12.18

仮想通貨の取引所を開設するときに注意すること

仮想通貨の取引所の中には、口座開設までに時間がかかる所もあります。運営会社からパスワードが入った郵便物が届くというパターンです。申込んでから実際に売買ができるようになるまで約1週間近くかかるので、すぐにでも仮想通貨を買いたいと感じている時は回避した方が得策です。
いくつかの取引所はメールアドレスを入力するだけで登録できます。登録が簡単に終わるので早ければ数時間程度で売買が可能になります。入金については、ATMの銀行振込みかネット銀行を用いると良いです。
海外の取引所の中には、日本円の入金ができない仕組みにしている所もあります。入金を済ませてから通貨を買うというやり方は無理なので注意です。入金は無理ですが、他の取引所で購入をしたビットコインを送り通貨と交換することならできます。この方法なら海外独自の仮想通貨を入手できるので便利です。
他にもサイトが英語や中国語で読みにくいという弱点も存在します。ブラウザの機能を用いれば日本語に訳せますが、意味が分かりにくい言語になることが多いです。ただ、BuyやSell、Chartなど必要となる部分だけ使えば済むので気にする必要はないです。最初は難しいかもしれませんが、何度も使っているうちに慣れることができます。

2017.08.25

仮想通貨のビットコインとリップル

現代では世界中で仮想通貨が流通をするようになりました。その中でも、仮想通貨の代表とも言える取引量を誇る「ビットコイン」という通貨があります。以前、NHKでビットコインについての放送があると、グーグルで急上昇ワードにランクインするほどの影響を与えました。しかし、ビットコインが人気である最中、もう一つ人気となりそうな仮想通貨が誕生しています。それは「リップル」という名の仮想通貨です。まだ知らない方がほとんどであろう仮想通貨ですが、あの世界的有名企業のグーグル社が投資をするほど期待を込められている、将来の可能性のある通貨です。グーグルは世界で時価総額トップ3に常に入っている超有名企業で、グーグルは投資をしたことが世間に知れ渡るとたちまちリップルの人気が上がって行っているのです。グーグル以外にもアメリカのIT企業の聖地でもあるシリコンバレーでは有名なベンチャーキャピタルが出資をしている仮想通貨となりました。ビットコインとリップルとは、今後の仮想通貨の市場を牽引していく存在になることは間違いありません。それぞれにメリット・デメリットはありますが、市場に出回る規模としては仮想通貨市場ではトップに入る通過と言われています。

2017.06.29

ビットクラブの概要と次のオリンピックに向けて

ビットコインは仮想通貨の中で一番最初に考案された仮想通貨です。

ビットコインは、ブロックチェーンという技術を使っており、マイナーという報酬をもらえる人たちがみんなでセキュリティを確かめ合って支えています。ビットコインの魅力は、手数料に安さがひとつに挙げられます。銀行に行くと、送金の際に振込手数料が取られたり、海外旅行に行くときに為替手数料が取られたりします。ビットコインは送金の手数料や取引手数料がものすごく低く設定されています。また24時間いつでも取引をすることもできます。そのことにより、海外での利用者が増え、ビットコインが普及してきました。

最近までは中国人がビットコインの大部分を占めておりました。理由は資金が余っており、投資先としてビットコインが選ばれたからです。ビットコインは、マイナーという人への報酬を払うときのみ新規発行がされています。そしてビットコインは発行上限数が決まっています。使う人が増えればビットコインの数は限られているので価値がどんどん上がっていきます。

ビットコインは現在株式のように大きく価格が動くので、投資としても注目を浴びています。国内でも、ビットコインを他のICカードのようにお店での決済に向けて利用を出来る場所を増やしています。2020年のオリンピックに向けて訪日外国人向けに拡大をしているのです。次のオリンピックまでに更に普及をする可能性が高いので、ぜひ興味のある方は早い段階でビットコインを使ってみてはいかがでしょうか。

ビットコインを使った資産運用に興味がある方は、ビットクラブのような組織に加入することをおすすめします。ビットクラブでは、友達紹介ボーナスやマイニング参加権の獲得など、ビットコインを使ったさまざまな形の資産運用に取り組むことができます。

2017.05.31

ビットクラブで扱っているビットコイン。仮想通貨は他に何がある?

【インターネットでよくあるタイプ】
仮想通貨と言えば電子マネーを思い浮かべる方も多いかと思いますが、インターネットの世界には多種多様な仮想通貨が存在しています。
インターネットでの一般的な仮想通貨としては、ある特定のサービスでのポイントという形がよく見られ、クレジットカードや電子マネーなどを使ってこのポイントを購入することができるというものです。
購入したポイントはどう利用されるのかというと、そのサービスで提供されている何らかの電子的なデータと交換されることになります。
【仮想通貨ごとに性質が異なる】
こうしたタイプの仮想通貨がよく用いられているコンテンツとしては、有料のオンラインゲームがあり、そしてそうしたオンラインゲームごとに仮想通貨が存在していることになります。
電子マネーといまひとつ区別がつきにくい部分もありますが、その最大の違いとしては非可逆であり、つまりは一度ポイントとして購入した場合、そのポイントを現金化することができません。
しかし例外も存在しており、その一つがオンラインギャンブルで、こちらはオンラインギャンブル内で使用できる仮想通貨を購入できるという点は変わりないものの、各種ギャンブルを通じて得られるのもその仮想通貨となっていますので払い戻しとして現金化が可能となっています。
【ビットコインが注目されビットクラブの動きも盛んに】
仮想通貨の中でも有名なのはビットコインです。ビットコインは主に資産運用に使われてきていましたが、最近は日本でも支払い時に使えるお店が増えてきています。そのことをうけて、ビットクラブなどビットコインを扱う組織の動きが活発になってきています。

2017.05.18

ビットコインとビットクラブの基礎知識

初めてビットコインを使う人でも、ビットコインについて詳細を理解していなくても使えます。お使いのパソコンやスマホにビットコイン・ウォレットをインストールすればビットコイン・アドレスが作られ、他のアドレスも新たに作れます。
そしてあなたのアドレスを相手に教えれば、相手はあなたに送金する事ができるのです。
ビットコイン・アドレスは一回しか使えない事を除けば、Eメールと似たような仕組みです。
○ブロックチェーンに履歴が残る
ビットコインの取引は少ない時は100、さかんな時は1000という単位でまとめられ、「ブロック」という単位を形成し、公開取引簿であるブロックチェーンに記録されます。
ビットコインで取引した履歴は、ブロックチェーンを見ればすぐわかるでしょう。
銀行の通帳のような役割ですね。ブロックごとにまとめられた記録には番号が付与され、
鎖のようにつながって取引記録の全てが保管されます。(=ブロックチェーン)
○承認作業で追加していく事ができる
ビットコインを使っていると「承認作業」が出てきますが、これは承認済みの元帳に、未承認の新たな取引記録をつなげて追加していく作業です。
元のブロックも残しておき正しくチェーンをつなげていくためには、キーとなる値を見つけなくてはなりません。
そのキーを見つけるには時間がかかってしまいますが、いったん見つければiphoneでも簡単に整合性が確認できます。
○ビットクラブでビットコインを発掘する
ビットコインを手に入れるにはマイニングという方法があります。マイニングはコンピューターでビットコインの暗号を解読する作業のことをいいます。これを個人のコンピューターで行うことは難しいので、ビットクラブのようなマイニングプール(マイニングを行う環境)を所持している組織への加入をおすすめします。

2017.05.08

ビットコインでの投資を始めるためビットクラブに登録しよう

 ビットコインでの投資を始めるためビットクラブに登録しよう

ビットコインは何かと一言でいうならば「仮想通貨」です。

コインという言葉が表している通り、円やドルと同じお金になります。
円やドルと同じく単位があり、ビットコインの単位はBTC(ビィーティーシー)と呼ばれ、1円などと同じく1BTCと数えられています。
【仮想通貨ビットコインと普通の通貨の違い】
仮想通貨ビットコインと普通の通貨の違い
円やドルと違うところは、仮想通貨のため目に見える形が存在していないことです。
ビットコインを手に入れることができれば、ビットコインが使える場所で物やサービスを購入することができます。
パソコンやスマートフォンを財布代わりにして、ビットコインで物の売買が出来るように作られているのです。
またビットコインは電子的決済を行うので、インターネットを経由して遠く離れた場所にいる相手にも短期間で送金することが可能です。
ビットコインには通貨を管理する中央銀行が存在しておらず、発行や流通を管理する組織が存在していません。
それだけ聞くとリスクの高い通貨のように感じるかもしれませんが、ビットコインはコンピューターネットワークを利用して通貨を管理しています。
新しいビットコインの発行や取引情報は全てネットワーク上に保存されており、偽造や二重払いを防止する仕組みが整えられています。
まだまだ発展中の仮想通貨ではありますが、世界中で利用できるような利便性の高い次世代の通貨と言えると思います。
【ビットコインならではのメリット】
国家や企業が関与していないビットコインを使うメリットについて、いくつかご紹介してみたいと思います。
まず1つは個人間で直接送金が可能であることです。
一般的な円やドルなどの通貨は、銀行などを仲介して送金をするシステムですが、ビットコインは個人間で直接支払いをすることが可能です。
直接会って財布から現金を支払うのと同じ感覚で相手に送金ができます。
もう1つが手数料が無料もしくは格安であるところです。
仲介する組織が存在しないため、基本的に手数料が不要です。
銀行でもクレジットカードでも一定の手数料が存在しますが、ビットコインの場合は直接送金のため手数料という概念が存在しません。
これは少額の支払いなどにおいては非常に大きなメリットであると思います。
そしてもう1つが制限が存在しないというところです。
ビットコインは銀行等を経由しないため、わずらわしい手続きや様々な制限が存在しないのです。
そのため非常に自由な通貨の流通を行うことが可能になります。
ビットコインは国によって通貨の単位が異なるということもありませんので、世界中で同じ通貨が利用できるということになります。
ビットコインが使用できるお店は世界中でどんどん増えており、これから国内でもビットコインを利用できる場所は増加していくことでしょう。
ビットコインでいざ投資を始めようと思っても、どうしたらいいかわからないという方は、まずビットクラブに登録することをおすすめします。ビットクラブに加入すれば共有するマイニングプールから毎日利益を得ることができますよ。

ビットクラブへの登録方法を紹介 | ビットクラブ(BITCLUB)

【2つのビットコイン運用方法】

2つのビットコイン運用方法

ビットコインによる資産運用は「取引所での売買」と「マイニング」の2種類あります。ビットクラブではマイニングプールを運営し、マイニングの利益を投資者全員に分配しています。

マイニングとはビットクラブを新たに生み出す作業です。

ビットクラブが世に出た初期はマイニングは個人のパソコンでも行えるような作業でした。しかしながらどんどん競争が激しくなり、いま個人で行うことは難しくなりました。そこでビットクラブのようなマイニングプールを運営している組織が注目されているのです。

ビットクラブでは、マイニング利益のほか、友達を紹介することでもさまざまなボーナスを受け取ることができます。じっくり資産運用をしたいならビットクラブがおすすめです。

【日本産の仮想通貨もある】

仮想通貨といえばやはりビットコインが代表であり、今もなおもっとも成長しつづけており注目を集めているといえます。

しかし、いまやビットコイン以外にも非常に多くの数の仮想通貨があり、ビットコインほどの規模ではないものの成長を続けています。

そんな仮想通貨のひとつに「モナコイン」というものがあります。これはなんと、日本で生まれた仮想通貨です。
これは巨大匿名掲示板2ちゃんねるで2013年に生まれました。

モナコインという名前は、2ちゃんねる特有のキャラクター「モナー」の名前からきています。

こういった情報を聞くと、なんて怪しいのだろう、あるいはふざけてるのだろうと考える方も多いかと思いますが、これはライトコインをベースに開発されたものであり、最初は数十円であったものが2017年12月には1,500円前後となっているのでしっかり成長を続けているのです。

ビットコイン以外にもこのように成長を続けている仮想通貨は多くあるので、注目していきたいところです。

【仮想通貨の取引所に登録するには】

ビットコインを始めとする仮想通貨を手に入れるためにもっとも簡単な方法としては仮想通貨の取引所で購入することが挙げられます。全体的な流れとしては、仮想通貨取引所に登録する、本人確認をする、ビットコイン(仮想通貨)の購入ということになります。

まず最初のステップである仮想通貨の取引所に登録について説明します。これはとても簡単にできます。

公式サイトにアクセスし、メールアドレスや住所などを打ち込むだけで登録できるという場合がほとんどです。登録だけならお金もかからないので、まずは登録してみてどのような操作性か確かめてみるというのもいいでしょう。

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

会社名を入力します。

テキストが入ります。

ページの先頭へ