ブログ

2017.05.18

ビットコインとビットクラブの基礎知識

初めてビットコインを使う人でも、ビットコインについて詳細を理解していなくても使えます。お使いのパソコンやスマホにビットコイン・ウォレットをインストールすればビットコイン・アドレスが作られ、他のアドレスも新たに作れます。
そしてあなたのアドレスを相手に教えれば、相手はあなたに送金する事ができるのです。
ビットコイン・アドレスは一回しか使えない事を除けば、Eメールと似たような仕組みです。
○ブロックチェーンに履歴が残る
ビットコインの取引は少ない時は100、さかんな時は1000という単位でまとめられ、「ブロック」という単位を形成し、公開取引簿であるブロックチェーンに記録されます。
ビットコインで取引した履歴は、ブロックチェーンを見ればすぐわかるでしょう。
銀行の通帳のような役割ですね。ブロックごとにまとめられた記録には番号が付与され、
鎖のようにつながって取引記録の全てが保管されます。(=ブロックチェーン)
○承認作業で追加していく事ができる
ビットコインを使っていると「承認作業」が出てきますが、これは承認済みの元帳に、未承認の新たな取引記録をつなげて追加していく作業です。
元のブロックも残しておき正しくチェーンをつなげていくためには、キーとなる値を見つけなくてはなりません。
そのキーを見つけるには時間がかかってしまいますが、いったん見つければiphoneでも簡単に整合性が確認できます。
○ビットクラブでビットコインを発掘する
ビットコインを手に入れるにはマイニングという方法があります。マイニングはコンピューターでビットコインの暗号を解読する作業のことをいいます。これを個人のコンピューターで行うことは難しいので、ビットクラブのようなマイニングプール(マイニングを行う環境)を所持している組織への加入をおすすめします。

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム

カレンダー

«5月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

カテゴリーリスト

ブログ内検索

フィード

会社名を入力します。

テキストが入ります。

ページの先頭へ